☆東進生の学習スケジュール☆ | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2020年 4月 30日 ☆東進生の学習スケジュール☆

皆さんこんにちは!担任助手の中野です

コロナの影響で学校の授業も例年通りに進まず、夏休みもどうなるか見通しのつかない毎日を過ごしていると思います。皆さんは自宅でやるべきことを明確化して、計画を立て実行することが出来ているでしょうか?今までの1日の生活を占めていた学校や部活がない中、自分で規則正しく生活し、自宅学習を行うことは簡単なことではないと思います。

 

そこで今日は皆さんに今何を見据えて勉強すればいいのか、難関大に合格していった先輩たちの学習スケジュールをお見せしたいと思います!

下の画像をご覧ください!↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高3生になってから受験生の自覚を持つのは遅いということがこれを見てわかるでしょうか?高校2年生の3月までには主要教科(国数英)は全範囲学習が修了していなければなりません。そして高3の夏までに選択科目(理社)の学習を終わらせることがマストです。3年生になってから学校の授業に合わせて12月までインプットをしていたら過去問対策やアウトプットの時間が十分に取れないまま入試本番を迎えてしまうことになります。

≪高1・2生が今やるべきこと≫

高3生になったら演習を積むのに時間がかかる受験対策に本腰を入れる、というのがスムーズにできるように今のうちに基礎基本の徹底、そして苦手の克服。これらが第一志望合格への近道となります。おすすめは受講を学校の授業のように1限から4限までいれ、夜は復習や学校の課題の時間に充てるスケジュールです。何よりも生活リズムを崩さないことが大切。朝一番の受講などは予約をし、めんどくさいから受けないということがないようにしましょう。

 

 

≪高3生が今やるべきこと≫

いつもより自分の時間が取れる夏は「受験の天王山」とよく言われますが、例年通りまとまった時間が確保できるかわかりません。そのため、今この時期を受験の天王山とし、周りと大きく差をつける絶好のチャンスにしましょう。先ほど夏までに選択科目の学習を修了といいましたが、その修了時期を前倒しするのです。また過去問対策に入ったときにつまづかないよう英語の単語やイディオム、古文単語や選択科目の用語のインプットに時間を割きましょう。例年東進の受験生の夏休みは1日15時間勉強です。今のうちから集中力が続くよう、少しでも学習時間を増やしてください。

 

以上のように学年ごとにやらなければならないことは違います。自分自身でやることをよく考えて今の時間を有効活用しましょう。

皆さんが今まで通り校舎に通えるようになったとき、大成長をしているのを楽しみにいています♪

質問や困ったことがあれば電話、荻窪校の公式LINEを使ってください!