おかの先生の短期留学記① | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2014年 9月 3日 おかの先生の短期留学記①

 

こんにちは!!!

荻窪校担任助手のおかのです!

 

前回の投稿で私がなぜ短期留学に行ってきたのかご紹介しました。

これから何回かに分けて、おかのがどんな体験をしてきたのか具体的にシェアしたいと思います。

 

本日は、短期留学の本体の【King’s College London Summer School】について。

私が参加したプログラムはKing’s College Londonというイギリスの首都ロンドンにある大学主催のものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は7月28日~8月15日の3週間参加しました。

コースはというと、化学のコース、国際経済のコース、美術のコースなど様々。

私の場合はJournalismのコースを選択しました。

どんなことをしたのかは、前回のブログに書いたとおりです。

 

授業は月曜日から木曜日まで、朝9時から13時まで。

「え、楽そう!!」と思ったあなた!

大間違いです!!

毎日、次の授業の為の読み物の課題が出て、週末にはとても大変な課題が出ます。

とっても大変でした。

でも、その課題をやりこなす中で、自分の英語力と知識がぐんぐんあがっていくのが分かりました。

課題を前提とした授業は、何も予習をしてこない授業よりはるかに充実していたと思います。

様々なバックグラウンドをもっているひとと色々な議論をするのは本当に刺激的でした。

 

では、次回は【おかのが感じたヨーロッパとアジアの違い】についてです。

お楽しみに!

 

おかの

 

体験授業はこちら!

 

 

 

 

 

 

模試のお申し込みはこちら!