充実した夏休みにするためのポイント | 東進ハイスクール 荻窪校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2021年 7月 18日 充実した夏休みにするためのポイント

 本日のブログの内容は充実した夏休みにするためのポイントについです!

だんだん暑くなり夏を感じるようになってきましたね、高校生の皆さまはどうお過ごしでしょうか?

定期テストも終わりそろそろ夏休みだ!という生徒さんが多いのではないでしょうか?

 

東大や東北大などの難関国立大学、早慶上理などの難関私立大学に合格した学生の約30%は高2の夏休みから受験勉強を開始しているそうです。

これを読んで焦っている高校2年生以下へ送る、充実した夏休みにするためのポイントを2点ほど紹介します!

 

1つ目 朝勉強を心がけよう!

 

 夏休みに陥りがちな生活習慣として、夜中までゲームをしてお昼頃に起きてという高校生が多数見受けられます。

せっかくの夏休みがダラダラすごしてはもったいないですよね?こんな生活をしていては勉強しようとなってもなかなかはかどらないと思います。

充実した夏休みを過ごすためには午前中のうちにその日しなければいけない勉強を終えてしまいましょう。

朝は夜と比較して3倍ほど勉強効率がいいと言われています。 その理由は睡眠から起きた直後は脳の疲労が抜けていてかなりリラックスした状態であるからです。 また 睡眠で情報が整理された直後で無駄なものが一切入っていないので、スッと勉強した内容が頭に入ってきやすいことも挙げられます。 このような状態で勉強をすればお昼や夜に勉強をするよりも容易に記憶を脳に定着させられるのです。 夜と同じような条件になりますが、朝も勉強の妨げになるようなものが少ないことがメリットとして挙げられます。 例えば、4~5時くらいの早朝はほとんどの人はまだまだ活動を始めていない時間帯です。 そのため、騒音がほとんどない状態で勉強ができます。 また、テレビやラジオではバラエティー番組など集中の妨げとなるようなものが少ないこともメリットとしてあります。

 

2つ目  志望校を決めよう!

 難関大合格者の70%は高校2年生の9月までに志望校を決めていると言われています!

受験勉強頑張ろうと気持ちが入ったのに、志望校が決まっていないとモチベーションもなかなか持続しません、、

せっかくの夏休み自分の将来のことについてじっくり考えてみるのも悪くないと思いませんか??

早稲田大学や上智大学は申込制で対面のオープンキャンパスを実施するそうなので、色々調べてみて興味のある大学を見つけてみましょう!!

 

最後に

 充実した夏休みにするためのポイントについて2点紹介しましたがいかがでしたか?

せっかくの夏休みだらだら過ごして気づいたら2学期になっていた、となったらもったいないですよね?

勉強の面でも、部活動などの面でも、何か成長した!といえる夏休みになるように頑張ってみてください!!

東進ハイスクールでは夏期特別招待講習を実施しています!!

7/21までに申し込んでいただければ、90分×5コマを1講座として、3講座無料で受講することができます。

何かを頑張りたいけど何を頑張るべきかわからないという子はぜひ体験しに来てください!!

 

詳細は【こちら】をご覧ください。