共通テストまでの過ごし方(国立文系) | 東進ハイスクール 荻窪校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 11月 15日 共通テストまでの過ごし方(国立文系)

なさんこんにちは、鳥山です!

もう11月も半ばとなり段々と寒くなってきましたが、

共通テストまで11月15日時点で 丁度残り60日 となりました!

……いよいよ本番が近づいてきたという感じがしますね。

時が経つのは早いものです。

ということで今回は共通テストまでの過ごし方(国立文系)と題しまして、

いくつか勉強の方針などをご紹介しようと思います。

 

ず、国立文系受験者の皆さんは

共通テスト・二次試験の過去問 を終わらせていますか

過去問は受験勉強において最良の教材と言えます。ぜひ活用してくださいね!

 

僕は受験生の頃この時期は二次試験の対策もしつつ、

共通テストのことも意識し直して共通テストの過去問の二周目を行ったり、

単元ジャンル演習などであまり得意ではなかった数学1A2Bについて勉強したりと学習を進めていました。

 

た、この時期になって倫理・政治経済や地理、理科基礎などの勉強をするという方もいるでしょう。

逆に「その辺の科目は一か月前からやっても間に合うらしいし、今はいいや」と思ってる方、

要注意です。

 

確かに一か月前から始めても間に合うかもしれません。

しかし、一か月前は数学や英語などもっと配点が大きい科目の完成度を高めたい時期のはずです。

そんな時期にそれまで手を付けていなかった科目をやるのは勉強時間の配分に少なからず影響を及ぼすと言えるでしょう。

思い立ったが吉日とも言いますし、

なるべく早くこれらの科目の勉強をしておくことをおススメします。

 

過去問、単元ジャンル演習、第一志望校対策演習など

色々なコンテンツがあって何をやればいいか迷うときもあると思います。

不安になったら我々担任助手やそれぞれの担任に相談してみてください。

きっと力になりますよ!

 

さて、短いですが今回はここまでです。

次の共通テスト模試は12月11日、皆さんのご健闘をお祈りしています!

 

ガンバレ!! 受験生!!!