勉強法シリーズ~得意科目、苦手科目~桔梗編 | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2014年 5月 27日 勉強法シリーズ~得意科目、苦手科目~桔梗編

こんにちは、桔梗です。

5月も残すところ・・・あと4日ですね。

さて来月は6月センター試験本番レベル模試があります。

目標得点を今一度、意識して毎日の勉強に励んでください。

高2生のかたも!

 

さて本題に入ります。

私は私大文系なので、受験科目は英語・国語・日本史でした。

はっきり言うと、得意科目はありませんでした、はい。

しかし苦手科目(というよりやる気が起きない)はありました、古文です。

高1の1学期期末テストで評定2をつけられた私は、各定期テストは直前に詰め込みやり過ごしていたのですが、さすがに受験レベルは対応できない・・・

「あーーーーー」ってなっていました。私文はバランス良く得点をとらないと。

しかし、基礎からの的中パワーアップ古文(標準編)を3月にとり、受講を6月中旬で終えた頃には少し余裕が生まれました。

受講の仕方がポイントでした。

 「この講座を100%自分のものにする、そうしないと後がない、これがラストチャンス。

テキストに掲載されてある文法事項、古文単語を自分のものにしたら、苦手から脱却できる。

吉野先生ができたことだから、私ができないわけはない」

 

同時に、学校の課題として課されていた有名なある問題集を7月末までに終えて、8月に入ってもうひとつ上のレベルの問題集をやりました。

7月下旬にはある程度大丈夫と思えるようになり、安堵したのを覚えています。

 

古典は暗記科目です。

文法・単語を覚えたら、問題演習のみです。

そう簡単なことですが、暗記しなければ始まらないんですよ。

何から覚えればいいのか分からない、

問題集教えてほしい、というひとは桔梗に聞いてください。

 

最後に音読は大事です。

これは英語に限らず、他教科にでも使えますよ。

小林さんと一緒に音読室で日本史を音読していました笑

何か聞きたいことがあれば、声をかけてください!