勉強法シリーズ~得意科目、苦手科目~水川編 | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2014年 5月 21日 勉強法シリーズ~得意科目、苦手科目~水川編

 こんにちは!

担任助手の水川です

 

今回は私の得意科目、苦手科目の勉強法を教えたいと思います

 

私は私立文系の数学を使わない3科目受験です

受験教科は英語、国語(現古)、世界史

得意科目→英語

苦手科目→国語

 

英語とにかく長文を読む!!!

いろいろな種類の長文を1日1題、余裕があれば2,3題必ず毎日解きました

要約や和英訳、文法問題などたくさんの問題が一度に解けるので

時間がない人には特におすすめです

まだそんなに長文が読めない人も、学校で使っている教材の予習復習として読めればOK

毎日少しでも英語に触れることが重要だと思います

 

私は 夏休みには時間がないながらも1日2題以上はコンスタントに解いていたので、

問題を読むスピードが確実に上がり、自分なりの読み方も確立し、

いっきに点数があがりました

 

あとは、高速基礎マスター

私は生徒時代、校舎に来た日は必ず高速マスターに触れていました

定期テストの勉強だったり受講だったり受験勉強だったりやりたいことはたくさんありましたが

勉強を始める前に高速マスターに触ることで

脳が活性化し、私なりに切り替えをしていました

 

登校して、受付のスタッフに挨拶をして、高速マスターをやる

 

頭が切り替えられて、脳が活性化して、単語も身に付くなんて

なんて素敵なんでしょう 😯

ただこの高速マスターもだらだらとやり続けるのではなく

時間を決めて進めると効率的ですね

 

 

国語毎日触れること!!!

現古どちらも毎日必ず1題以上は解くようにしました

現代文だとまずコラム

 

段落ごとに要約をすることで要点がつかめるし、

並べ替えをすることで文の構造を理解することができます

他にも、今世の中で話題になっていることを知ることができるので、とてもおすすめです

 

古文はとにかく単語助動詞です

単語は単語帳を常に持ち歩き、わからない単語には付箋やマーカーで印をつけて覚えました

助動詞はとにかく唱えてリズムで覚えました

 

きけりつぬたりたしけん・・・

 

吉野先生の授業をとっといる人にはあの独特の発音がわかりますよね?笑

 

 ここまで私の英語と国語の勉強法についてお話してきましたが、

勉強法なんて十人十色です

このブログで紹介している各担任助手の勉強方法を参考にして、

自分に合った勉強法を見つけてください。

 

ただ、すべての科目に共通して言えることは、

自分ではわからない解けない問題はすぐに聞く

ということです

東進には優秀な学歴を持つスタッフがたくさんいます

そして、バックアップサービスというその科目のプロの方に質問できるサービスもあります

使えるものは有効活用しましょう!!

 

そして何よりも毎日続けるということです

よっぽど才能のある人でない限り、

できないことをできるようにするためには努力をすることが必要です

みなさんも努力を惜しまず、夢に向かって日々前進しましょう!

 

水川