受験生へ | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2014年 2月 22日 受験生へ

こんにちは。

担任助手の岡野です。

 

深山さん、内田さんが去年の自分達の受験について振り返っていましたので、

私も自分の受験について少し振り返りたいと思います。

 

私の場合、2月16日・18日に慶應の入試を終え、それから1週間は、再び東大の問題と向き合い続けていました。

今までやってきた過去問を、今までやってきた問題たちを復習しまくりました。

「東大に行くんだ!」という気持ちを一瞬たりとも切らさずに勉強していた記憶があります。

 

この1週間で、私は「絶対に東大に受かる」自信を手にすることができたのだと今では思います。

なぜなら、今までやってきたことが正しかったのだと、分かったからです。

今までやってきた過去問をもう一度やり直すことで、東大の求めている問題を解く能力を、身につけることができつつあるのだと実感できたからです。

 

 

…さて。

まだ受験生のみなさん。

今、第一志望の国公立大学入試あるいはまだ残っている私立入試に向けて、一生懸命勉強していることと思います。

どうか最後の最後まで、1年間あるいはそれ以上がんばってきた自分を信じて、努力を続けて下さい。

まだ「絶対に受かる!」という自信をもてていない人、あと3日間、全力で努力して下さい。

特に自分が解いてきた過去問、もう一度やってみましょう。

あなたが1年間しっかりがんばってきたのなら、自信が湧いてくるはずです。

 

過去を振り返るのはあとでもできます。

でも、第一志望に行くための勉強はあと3日間しかできません。

今目の前の第一志望に行くことだけを考えて、どうか精一杯やってくださいね。

荻窪校スタッフ一同、応援しています。

 

 

 

 

 

おかの