夏期合宿体験記⑩ | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2015年 8月 11日 夏期合宿体験記⑩

こんにちは、鎌田です。

 

夏もあと20日、思い残すことはないように

みなさん勉強は進んでいますか?

 

今日は夏期合宿の体験記第10弾!!

7月下旬に行われた英語の合宿に参加した生徒たちの

生の声をお届けします。

 

「合宿を終えて、テストの数字だけで言うと満足できていません・あと1点、2点だったり、悲惨な点を取ったこともありました。」(T.K君)

 

「・・・班のランキングで1位との差が10点に開いたときは本当に10点の重みというか、1点の重みと言う責任感を感じました。」(T.S君)

 

合宿を通じて、点に対する意識を参加した子は感じていました。

よく言われる1点の重み

実際に自分に直面したときにしか

その感じることはできません。

ですがその恐ろしさを知ったときにはもう

取り返しのつかない状態になっていることが殆どです。

 

だからこそ自分たちスタッフは何度も言っています。

「点数にこだわれ」と。

 

常に点数にこだわったものこそが、

点数に対しての喜びや悲しみを味わってよいのです。

逆に点数にこだわりを持たない人は

模試でもちゃんと自分の状況を考えることなく

本番でも中途半端な点数を取ってしまうことでしょう。

 

点数にこだわりをもとう。

目標との差を常に意識して日ごろの勉強にも取り組もう。

 

鎌田