大学・学部紹介~堀編~ | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2014年 12月 27日 大学・学部紹介~堀編~

こんにちは、担任助手の堀です!

クリスマスはたくさんのサンタさんが荻窪校で頑張ったみたいですね!

2014年も残すところあと5日ほどですが最後まで頑張りきりましょう!

荻窪校は31日大晦日までばっちり開館してますよ♪

 

さて今日は私の通っている大学・学部についてのお話をしようと思います!

堀は東京農工大学農学部応用生物科学科の2年生をやってます。

農工大はその名の通り、農学部と工学部からなる、理系のみの大学です。

工学部キャンパスは東小金井、そしてわたしの通う農学部キャンパスは府中にあります。

農学部キャンパスは一言でいうと「森」ですかね(笑)

正門を入ったところからの眺めがこんな感じになってます

キャンパス内にも木がたくさんあって、ちょっとした自然公園のようです!

秋は紅葉もきれいだし、沢山の落ち葉を使って焼き芋とかしてる人もいます(笑)

あと、農学部なので、畑、果樹園、水田、馬場、牛舎…などの農場施設も充実してます!なんと農学部キャンパスの敷地の半分は農場なんです。

それだけ自然豊かですが、決して山奥にあるわけではなくて、都心から比較的近い立地(荻窪駅からだと30分程度でつきます)もこの大学の魅力だと思います。

あと、農学部だけあって、学園祭の模擬店も手作りのおいしい食べ物がいっぱいあるので、ぜひ遊びに来てみてくださいね!

 

そんな農学部で堀は何をしてるのかというと、

実はわたしはあまり農場には行っていません。

私のいる応用生物科学科は、一言でいうと「バイオテクノロジー」を専門に学ぶような学科です。

ばいおてくのろじーとは?

生物の生態や能力、成分などを利用して、食品、医療、環境、工学などに役立てる分野です。

さらに簡単に言ってしまえば、生物と化学を専門に勉強しているかんじです。

 

一年生の時は主に理科の基礎知識等を身につける座学が多かったのですが、

二年生になった今は、もっぱら実験中心の日々を送っています!

毎日白衣を着て、実験室にこもって、生物実験、化学実験に明け暮れています。

たとえば、微生物の培養実験、有機化合物の反応の実験など!

レポートは大変だけど、ついに科学者のスタートラインに立てた気がして楽しいし充実しています^^

好きなことだから苦しくても頑張れています(*^^*)

 

皆さんも大学に行って好きな勉強をめいっぱいやるために、まずは目の前の勉強を全力で頑張ってください。

その先にきっと、今よりもっと楽しい生活が待っていますよ^^

 

明日のブログは、荻窪校のアイドルこと田中先生が更新してくれる予定です!

おたのしみに☆☆