大学合格基礎力判定テストまでもうすぐ!準備は出来ていますか? | 東進ハイスクール 荻窪校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 20日 大学合格基礎力判定テストまでもうすぐ!準備は出来ていますか?

 

こんにちは。担任助手の河渡です♪

 

私はこの春から大学2年生になりました🌸

大学生活を1年経験して、改めて高校までの学校生活と大きく異なることを実感しています…自由でいいけど自由すぎて自分で自分を常に律する必要がある大学生生活、高校の頃までとはまた違った誘惑も多く正直大変です笑

特に私は理系なので、やはり他大学の担任助手に比べて忙しいです…

実験の予習にレポート、講義後に出される課題…と高校生の時に想像していた何倍も大変;;

ですが自分でやりたいことを見つけて自分で選んだ進路なので、全く後悔はしていません!!!農工大は良い大学です!知名度は低いけど誇れる自分の大学です☆

進路にお悩みの皆さんもいることでしょう…

大学に入学してからの自分のモチベは将来やりたいことと直結している気がしてなりません、!

決められない気持ちも分かりますが、しっかり考えて自分にとってベストな選択が出来るようにたくさん調べて考えていきましょう!🔥

困ったら、担任や担任助手にいつでも相談してください!

 

…と自分の話は以上にしまして、ここからは題名にあるように「大学合格基礎力判定テスト」についてお話していきます!

低学年の皆さん!こちらの模試は受験されますか?

高校の中間テスト真っ只中で受験できないよ~という方も多いかもしれませんが、「基礎力」というのは入試において非常に大事になってきます!

 

もちろん、大学入試に出題されるような「応用問題」や「発展問題」、いかに食らいつけるかがポイントになってくる「難問・奇問」などを解く練習も必要です。

ですが!!!それらの問題を考えていくうえで必要不可欠な知識や力「基礎力」です!

基礎力を問う問題は、ほとんどの受験生が正解します。さらに言うと、合格者は全員正解しているはずです。1点を争う入試の世界で、ほぼ全員が正解する問題を落とすことは避けたいですよね?

そもそも、応用問題や発展問題を解いていくために基礎的な知識は必要です!基礎が安定していない状態で、難しい問題にチャレンジすることは、日本語の読み書きはある程度できる幼い子供が大人向けの難しい小説を読むようなことに等しいです。子供が理解するのは難しいですよね?!

基礎力を安定させることは、大学入試問題を解けるようになることへの1番の近道です✨

 

「基礎力の大切さはわかったけど、どうやってその力をつければいいの?」と不安に思った方!ナイス疑問です★

東進生の皆さんは「高速基礎マスター」をご存じですよね?

これは、

英語なら「単語・熟語・文法」の長文読解に入るために必須の知識、

数学なら早く正確に計算できるようになるための軽い文章題

国語なら現代語や漢字、古文単語や古文常識

など、各科目に必要な基礎的な部分がつまりにつまった講座となっています!

これは今まで読んできてくださったそこのあなたなら、高速基礎マスター講座に取り組まないはずがありませんよね?

 

大学受験なんてまだまだ先のことと思っていると試験本番はあっという間に訪れます。(経験談) 

私は東進に高校1年生の頃から在籍していましたが、早めにスタートを切ると決断し、低学年の頃から毎日少しずつ努力をしてきた自分に本気で感謝しています。週に4コマは受講していました…!☆

皆さんも1,2年後の自分を後悔させないよう、今から頑張っていきましょう!

低学年の頃に出来ること、というより、低学年のうちしか時間を割くことのできない基礎力の養成に全力を注ぎましょう🔥