嵩原流緊張のほぐし方 | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2016年 1月 13日 嵩原流緊張のほぐし方

こんにちは!担任助手の嵩原です!

昨日あたりからだいぶ冷え込んできましたね。今週がこの冬一番の寒さらしいです。

センター試験前のこのタイミングで風邪など引かないよう、いつもよりいっそう体調には気をつけてください!

 

さて、今日は自分なりの緊張のほぐし方がテーマです。

結論から言うと、僕なりの方法のなかで、効果的だったものは、

自信を持つこと。

これに尽きます。

僕は緊張に呑まれると何も出来なくなるタイプで、緊張のせいで普段の半分の力も出せなかったこともあります・・・

色々と考えてみると、緊張したときと緊張しなかったときの一番の違いは、自信があるかどうかがほぼ全てでした。

 

自分なりの自信のつけ方は2つあります。

①何でもいいから自信がある分野を持つ。

②当たっているかどうかわからない問題でも当たったと思い込む。

です。

①は試験前に自信を持つ方法です。これまでの人生で、どんなに小さくても自分に誇れるものが何かひとつは得られたと思います。

そういうものがひとつでもあれば、それ以外の分野でも自分を信じるための核になってくれます。

②は試験中に自信をなくさない方法です。実際に問題を目にすると、自信をなくしてしまいそうになることもあると思います。

でも、何一つ答えられないような問題は滅多にでてこないはずです。特にセンターはマーク式なので、運で当たることも多々あります。

当たっている可能性があるなら、自信をなくす必要なんてどこにもないでしょう!!

 

最後に、緊張というものは心の問題です。ならば、それに打ち勝つのも自分の心ひとつでどうにかなるはず!

最後まで負けずに頑張ってください!!