数学計算演習について | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2015年 11月 13日 数学計算演習について

 

こんにちは!!2日前に出来た口内炎と大学の中間テスト勉強に苦しんでいる田中です。

お久しぶりの田中です。

 

さて、今日のブログのテーマは、、数学計算演習についてです。

 

まず、数学計算演習について軽く説明します。

数学計算演習とは、東進の高速基礎マスターの数学版みたいなものです。

コンセプトとしては、 「数学の基礎・基本」=「基礎計算力強化」 の徹底です。

 

よくセンター試験、センター系の模試を終わった後に、

『時間が足りなかった』『最後まで解き終わらなかった』

 

などの声を聞きます。。。。

これは、数学を受験するにあたり、最初の問題で時間を使いすぎて

最後まで解き終わらなかったというケースです。

 

そこで、その問題を解決するためには数学計算演習がとても便利です。

 

これにも高速基礎マスター英語同様、修得と完全修得があり、完全修得をすると、数ⅠAは26.5点、数ⅡBは38.2点上がります。

また、数ⅠAより数ⅡBの方が点数が12点高く上がる事から、数ⅡBの方が計算力が大事だという事が分かりますね。

さらに、これまで困難だった完全修得までの問題点が改善され、

より使いやすくなりました!!!

具体的には、、、

①どの学習項目からでも自由に学習を始められる

②新課程の学修指導要領に完全対応した構成を実現

③「基礎計算力の強化」のための基本的な問題を厳選、追加

④現在の数学計算演習の進捗状況は改良版に引き継ぎます

 

「数学計算演習」に取り組めば、、

数学の基礎への理解が深まり、その先のレベルの問題に挑戦する為の

”数学の体力”が身につきます。

 

これを機に数学計算演習に取り組みましょう!!

 

以上田中でした!!