東大campuslife~弐~ | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2013年 10月 14日 東大campuslife~弐~

こんにちは!

担任助手の岡野恵奈です。

 

本日は東大の授業をご紹介します。

東京大学では、タフでグローバルな 学生の育成のために新しい形の授業が導入されました!

ALESAまたはALESS

と呼ばれるものです。

注:ALESSは2008年度、ALESAは2013年度より導入。

何の略だか分かりましたか?…分かりませんね。

ALESA:Active Learning of English for Students of the Arts

ALESS:Active Learning of English for Science Students

 

この授業は何をやるかというと、ネイティブスピーカーの先生のもとで、論理的な文章の執筆とそれに関するプレゼンテーションやディスカッションを全て行います。

もう受験勉強で英語はたくさんだよ~と思う人も多いかもしれませんが。

その英語、使えますか?

受験勉強で机の上で英語を勉強することは間違いなく、英語を使うことの下地になりますが、ではそれをコミュニケーションの手段として用いることができるかと聞かれると、出来ない人が多いと思います。

英語をうまく使えるようになるには、英語を使っていくしかありません。

そんな機会を与えてくれるこの授業、素晴らしいと思いませんか。

 

おかの

 

次回予告→東大女子