模試後の流れについて | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2014年 4月 29日 模試後の流れについて

こんばんは。

担任助手の泉です。

 

今日は、センター試験高校生レベル模試がありましたね。

普段の勉強の成果は表れたでしょうか?

問題点・改善点は見つかりましたか?

今日は、模擬試験後のながれについてお話したいと思います。

 

僕が高校生のときは、以下の流れを徹底していました。

 

①集中して模擬試験を受験。

その日のうちに復習

③翌日、模試の結果を見て、今までの勉強でよかった点、悪かった点を書き出す。

④自分なりに、これからの勉強について大雑把に計画を立てる。

⑤(その際、考えれば考えるほど、分からないこと、自分ひとりの知恵では解決できないことが出てくるので、)友達や担任助手に相談する。

⑥模試後三日以内に計画を詳細まで決定し、それに沿って学習する。

 

ここで大切なのが、

 

1、模試後すぐに反省をすること

早ければ早いほどよいです。長い時間が経ってしまうと、自分の学力と向き合うのが面倒くさくなったり、模試直後の危機感や焦燥感が薄れてしまったりして、模試を今後の勉強に100%活かすことが出来ません。

 

2、他人の力を借りること

自分ひとりの知恵には限界があります。謙虚に他人の話を聞きましょう。学校の先生に相談するのも良し。自分より成績のよい友達に相談するのも良し。

でも最もよいのは、担任助手に相談することでしょう。担任助手は、受験を経験していて、高校生のみんなと年が近くてみんなの気持がよく分かるだけでなく、たくさんの生徒を見ているので、多くの成功事例を知っています。どんな些細なことでも構いません。相談してみてください。きっと力になれるはずです。

 

泉の事例を参考に、皆さんも自分なりのルーティンを決めると良いと思いますよ!

 

泉光矩