私のおすすめの勉強法 ~世界史編~ | 東進ハイスクール 荻窪校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 17日 私のおすすめの勉強法 ~世界史編~

皆さん、こんにちは!

東進ハイスクール荻窪校担任助手の柏倉歩美です。

今回は私が実際に行っていた、世界史のおすすめの勉強法を紹介します。

世界史は何回やっても忘れてしまう、そもそも頭に入ってこない、、などの悩みが皆さんにはあると思います。

世界史の勉強法は人それぞれですが、一つの参考にしてほしいな、と思います。

通史の勉強法

まず、世界史の勉強法において一番大切なのは、反復です。

どんなにやっても頭に入ってこない、自分には暗記が向いていないんだ、、などど思う必要はありません。

一部を除き、それはみんなおんなじことです。

なので、いかに効率的に、流れを意識しながら反復できるか、が大切になってきます。

そこでおすすめなのが、一問一答を繰り返すことです。

これは特に私立文系の人におすすめの勉強法になります。

一問一答は、かなり効率よく通史を反復することができます。

一問一答で出てきたところで、出来事の流れやつながりがわからなくなってしまったときは、教科書や東進のテキストなど、前後関係がわかる参考書で復習するのがおすすめです。

また、一問一答は情報が少ないことがあるため、自分なりの覚え方や語呂合わせ、少し詳しいメモなどを書きこむことにより、自分だけの一問一答を作るのがおすすめです。

文化史の勉強法

文化史はつながりなどもなく、覚えないといけないことも多い為、苦労する人が多いと思います。

私がおすすめする勉強法は、情報を増やすことです。

例えば絵画について覚えるとき、資料集やネット検索で絵画の画像を見てみるのがお勧めです。

実際に入試でも資料問題は頻出です。

また、文学作品について覚えるとき、その文学作品の内容などを実際に調べてみて、把握するのもおすすめです。

入試にも、文学作品の内容から作者を答えさせる問題が出ることがあります。

ただでさえ覚えられないのに、情報がもっと増えるなんてとんでもない、と思う人もいると思います。

ただ、情報を増やすことによってかえって印象深くなり、記憶に残りやすくなります。

 

 

自分はこれらの勉強法を意識することによって、世界史を何とか乗り越えることができました。

また、担任助手に対する質問も大歓迎です!

かなり寒くなってくる時期なので、体調に気を付けながら、頑張りましょう!!

応援しています!!