部活生時代のエピソード~川口編~ | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2015年 5月 19日 部活生時代のエピソード~川口編~

こんにちは!!!!

予告では守屋担任助手でしたが、先に川口の登場です…

 

今回は、部活やってなかった人の目線から、早くから東進に来るメリットをお話しします。

私の所属していた部活は、美術部でした。

実はそんなに厳しい部活ではなくて、一週間顔を出さなくても大丈夫だったりしました………

しかしだからこそ、一番よかった!と思えることは、低学年のうちからしっかり毎日東進に来る習慣がついていたことです!

まったり絵を描いて、最終下校になったら直接東進に来て、閉館まで勉強してました。

引退は高2の10月だったのですが、部活がなくなったあとも、習慣づけていたおかげで、スムーズに受験勉強のリズムに慣れることができました。

以下それを含めてまとめてみます。

 

 

川口が早くから東進に来てよかったこと

 

①英語、国語など時間のかかる科目が早めに完成した

心の余裕につながった!!!!!

時間のかかる科目を早めに完成させることは受験直前のそれにつながります。

時間の余裕は心の余裕です!!!!!!

②早くから東進に来る習慣が身についた

夏休みなどの時期に毎日来る習慣がすでについていました。

いきなりそういう時期に毎日来るのは苦しいです。今からいかに毎日登校をしているかは受験期の勉強に直結しますよ!!!!!!

③友達ができた

早くから東進で勉強して、HRやGMTGにたくさん参加して、校舎で話す友達が増えました。

結果、受験直前期は本当にたくさんの人に支えられました。

塾で友達を作る是非はここでは話題にしませんが、自分には友達必要だなって人は、早くから東進に来る、これが一番です!

 

受験をするにあたって、部活があるから、は言い訳になりません。

今日は部活をやっていなかった人の目線からお話しました。そんな私でも言えるのは、

部活に全力で打ち込むのも、受験勉強がんばるのもこれからの自分

ということです。

私たちは全力でサポートします。皆さんの覚悟を見せてください!!!!!!!!

 

川口