改・コラムのススメ | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2014年 9月 22日 改・コラムのススメ

9月も残すところあと1週間程度となり、今日から授業がはじまる大学生も多いみたいですね。

そんな中、9月いっぱいまで夏休み☆な、担任助手の堀です(^^)☆☆

すでに学校が始まっているほかの担任助手にとても文句を言われました(笑)

でもでも、ちゃんと勉強もしてるし、後期に備えようとしてますよ!

これから旅行にいく予定もあるので、最後まで夏休みを充実させたいと思います!

 

「自慢かよ、ずるいなあむかつく」と思った生徒の皆さんは、

大学生になってこういう夏休みを謳歌できるように今しっかり頑張ってくださいね☆

 

 

さて、今日は改めてコラムのお話をしたいと思います。

 

最近皆さんコラムやってますか?

提出率が以前よりも落ちている気がします。

「前は担任助手の先生がうるさかったからやってたけど…」とか、

「勉強時間もったいないし、つまんないし」とか、

いろんな言い訳をつけてやらない生徒がとても多いのですが、

とってももったいない!!!です。

 

改めてコラムのメリットを説明します。

☆日経新聞「春秋」から出題され、タイムリーな話題で今の情勢について知ることができる!

たまにすごくいいお話に感動している生徒もいます。

 

☆文章を読むことに慣れる!文章の大意を正しくつかめるようになる!

英語も日本語も、文章をたくさん読むことで慣れてきて、すんなり理解できるようになります。

国語が苦手な人、読むのがそもそも遅いんですって人、多いみたいですが、コラムやらないのもったいなくないですか??

 

☆理系のみんなにも超おすすめ

「自分理系だし、入試で全く国語使わないし、関係ないんで」っていうひと。

文章を正しく理解する能力は理系にも必須です。これがなければ通用しません。

 

!理系のみんな注目!

最近志望校対策を本格的に始めた受験生の理科の答案などを見ていると、

問題文を正しく理解できていないために見当違いの解答をしているケースが結構あります。

必要な科学的知識がちゃんとあっても、特に記述答案などでは、正しい表現の仕方をしないと得点できない場合がよくあります。

それどころか、問題文の意味をよくよく理解してみると、知識がなくても解けるような問題もあります。

もちろん、数学の答案でも同じことが言えます。

文系科目は言わずもがなですよね☆

 

志望校の問題を攻略していくにあたって大事なのは

いかに知識があるかではなくて、いかに問題出題側の意図を理解し、求められている解答に近づけることができるかだと私は思います。

 

これって結構難しいことだと思うんですけど、それだけの国語力、自分にある!って自信もてますか?

首を縦に振れない人は、さあ今日からレッツコラム☆☆

 

そんなに時間はかかりません。毎日文章の要約を続けていれば少しずつ理解力あがってきますよ☆

堀にだまされたと思ってやってみましょう!

 

ちなみに今日のコラムはくじらのお話でした!

わたしもやってみましたが要約は慣れていないせいか少し難しかったです!

 

おはようございます!