さよなら荻窪校 written by Hiroki iwamura | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2018年 11月 30日 さよなら荻窪校 written by Hiroki iwamura

さよなら荻窪校ということで

本日11月30日をもちまして私岩村祐輝は荻窪校を去ることとなりました。理由としては海外留学をするためです。詳細を言うと、僕が通っている立教大学をやめてイギリスの大学に入学します。期間は4~5年で向こうの大学を卒業する予定です。なぜイギリスの大学にいこうと思ったのか?それは色々あるのですが、一番の理由はステップアップ。かっこよく聞こえるかもしれませんが、全くかっこよくありません笑 ご存知の方も多いと思いますが、僕は大学受験を失敗しています。僕は早稲田大学商学部が第一志望でした。しかし結果的に立教大学社会学部。経営学を専攻したかったのですがまったく縁もゆかりもない社会学部。自分は何を勉強しているのだろうと疑問に思う日々を過ごしていました。そしてついには大学にも行かずじまいに、、、このままではやばい!そう考えた時に留学という選択肢を見つけました。もともと私の姉は高校時代をアメリカで過ごしており、自身もアメリカに短期留学を何度かしたことがあるので結構興味はありました。私の気質に合うのはイギリス人ということを姉に言われ、イギリスに留学してビジネスを学ぶことを考え始めました。今でさえ世界の最先端はアメリカというイメージがありますが私たちが今生きている現代の基礎を作ったのはイギリスです。過去に世界で一番の大国と謳われていたイギリス。そのルーツには現代人も驚かされるような核心がきっとあるはず。それを学びに行けば現代にも通用するなにかを得られると思い留学を決心しました。私がこの文で一番伝えたい事は負けず嫌いになることの大事さです。元々底辺高校に通っていた自分が大学受験に挑戦したのは自分が負けず嫌いだったから。留学しようと思ったのもこのまま終わりたくないからです。まあ大学受験を失敗したせいで私は1年を無駄にしましたが、、、(笑) とにかく!負けず嫌いで良かったなと心から思いますし、今後も負けず嫌いで良かったと自信を持って言える人生になるように頑張っていきます。受験生のみなさん、自分の進学先はしっかり責任を持って決めるように。そしてそこで妥協している人は負けず嫌いになってみて下さい。皆様のご活躍を心からお祈りしています。それではさようなら。