センター試験までにやるべきこと | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ

2020年 1月 5日 センター試験までにやるべきこと

みなさん、あけましておめでとうございます。

今年も東進ハイスクール荻窪校をよろしくお願いします。

 

さて、本日のテーマは

2週間後に迫った「センター試験までにしておくべきこと」です。

(高校3年生むけです。)

 

高校3年生がこの時期やるべきことは

①今までやったことの復習

これはよくいわれることですが、この時期に新しいことを始めるのはオススメ出来ません。

それよりも今まで解いた過去問・センター模試や授業のテキストで間違えたところを完璧にする方が効果的です。

特に理科や社会は、過去問の再利用がよくされるので「この問題、過去問で見た!」なんてことがよく起きるんですね。

英語や国語の現代文に関しては、同じ問題を繰り返しても意味がないと考えがちです。たしかに、同じ問題は二度と出ないかもしれません。

しかし、解答にたどり着くためのプロセスはパターンが決まっており、今年も使われることは大いにあり得ます。

間違いの選択肢がなぜ正解ではないのかを他人に説明できるくらい徹底的に吟味してください。

正しいプロセスで解く訓練ができていれば、本番でも同じことをすればいいだけです。

新しい問題だと解けたかどうかに焦点が行きがちなのと一つの問題にかかる時間も長くなるので今まで解いたある程度内容が入っている文章でプロセスを確認することをお勧めします。

 

いろいろ話しましたが、あやふやな知識は百害あって一利なしです。今ある武器を徹底的に磨きましょう。

 

②体調管理

風邪やインフルエンザに気をつけてください。というのはもちろん、

試験開始時刻に脳が働くように普段から本番の時間割を意識した勉強計画を立てましょう。

本番で全力を出すために今のうちから朝型への切り替えを。

 

③出願準備

受験校への出願の済んでいない人は願書受付日時を確認して早めに出すようにしましょう。

特にセンター利用は、多くの場合、センター試験より前に締め切ります。

また、結果の良し悪しで出願校を変更する人も出てくると思います。その場合、結果が出てから願書を取り寄せてでは間に合わない場合もあります。締め切りが早い学校を受験する可能性がある人は、必要な書類を早めに用意しましょう。

 

以上、この時期にするべきこと(もっといろいろありますが、ページの都合で)3つでした。参考までに。

 

現役生は一日単位で伸びます!自分と真摯に向き合い、最後まで努力し続けてください。応援しております。

 

明日は高校1・2年生向けに1月やるべきことを話します。お楽しみに!