5月 | 2020 | 東進ハイスクール荻窪校|東京都

ブログ 2020年05月の記事一覧

2020年 5月 27日 キャンパスライフ~明治大学文学部~

こんにちは!明治大学文学部の青木玲音です!

大学のキャンパスとカリキュラムを紹介するこのコーナー、今回は明治大学文学部についてご紹介します!

 

明治大学の文系学部(国際日本学部を除く)は大学1年から2年までを『和泉キャンパス』で過ごします。

最寄駅の「明大前」駅は世田谷区に位置しますが、キャンパス自体は杉並区にあります。新宿や渋谷といった都心へのアクセスの良さもさることながら、住宅地の静けさとキャンパスの広さ、快適さを兼ね備えたキャンパスは明治大学の自慢です!緑豊かなキャンパスで過ごす生活はとても気分のよいもので、授業や課題に疲れた時には中庭で休憩することもできます!

 

明治大学の『和泉キャンパス』は、学部ごとに建物が決まっているわけではなく、基本的に全ての教室を授業ごとに振り分けて使用しています。そのため、他学部の学生と交流ができるのも特徴です!

 

さて、ここからは少し専門的な話をします。ズバリ、『文学部』について、です!

『文学部』と聞くと、みなさんはどのようなイメージを持たれるでしょうか??

・本を読むところ?

・なんか静かそう、、、

・ザ・文系って感じ、、、

私自身は文章を書くことが好きで、そのことから文学部を志したわけなのですが、正直、上記のようなイメージをずっと持っていました。しかしながら、上記のようなイメージはあくまでも”イメージ”です!実際に入学して学び始めるとそのことがよく分かります!

まず初めに、文学部の授業において「本を読む」という授業は基本的にはありません。原則的なスタイルは「授業前に読んでくる」であり、授業時間中はその文献やテクストを前提として教授の講義を受けたり、議論を重ねたりします。なんだか面倒な気もしますが、このスタイルは基本的に他の学部でも同様です。大学では情報を自分で収集し、判断することが求められます。よって「スタートラインを合わせる」ような措置は取ってくれません。文学部においても、(明言はされませんが)「授業に必要な情報は、予習してきなさい」というメッセージを感じながら、学習していくことが求められるわけです。「本を読むことに付随するあれこれ」を研究するのが文学部なだけであって、どの学部に入っても本は読むことになります。学問とはそういうものです(笑)。

文学部の話に戻ります。「本読むのは苦手だしな、、、」と感じる方もいるかもしれません。ですがここで少し考え方を変えてみましょう。先述の通り、文学部では授業時間に本を読むことはしません。しかしこれは逆に言えば「本を読むスピードは問われない」ということになります。一斉に「よーい、どん」で読み始めることがない分、読む速さは関係ありません。つまり、いくらでもフライングが許されるというわけなんです。本を読むことが苦手な方も、じっくり時間をかければ読み方も変わってきます。読み方が変わってくれば、そこには今までにない新しい発見があるはずです。「本が嫌いだから」「本は少し抵抗あるな、、、」と感じる方も、受験前から拒絶するのではなく、じっくりと考えてみるのが良いのではないでしょうか??そこに「学びたい」「知りたい」「研究したい」ものがあるのなら、目指す価値は十分にあります!

続いて学部の雰囲気についてですが、これも入学してみると違いに気づきます。文学部とは文字通り「文学について研究する」が基本の考え方ですが、ひとえに「文学」と言ってもその種類は様々です。明治大学の場合は『文学科』『史学地理学科』『心理社会学科』の3つに学科が分かれており、さらに各学科の中で専攻に枝分かれしていきます。「本を読む」と聞いてみなさんが真っ先に思い浮かべるであろうものはおそらく『文学科』の範疇であり、学科によっては多くのフィールドワークを行ったり、実験を行ったりと座学に留まらない講義が展開されています。よってアクティブな学生も多く、静かな印象の方ももちろんいますが、様々な人と交流ができます。文学好きの人もいれば、そうではなく他の分野を好む人もいて、多様な価値観に接することができるのは、大きな魅力ではないでしょうか??

『文学部』というのはあくまでも学部の名前。本当に見るべきは、「学科」から後ろの内容で、「そこで何を学ぶのか?」をしっかりと自分で調べて、掘り下げていくことが大切です。他学部にも言えることですが、「実態は外からは見えにくい」ことを自覚しながら学部選びを進めていきましょう!”イメージ”だけで全てを決めてしまうのは、もしかしたら性急かもしれません!(笑)

 

東進ハイスクール荻窪校では、様々な大学・学部の担任助手が現役で合格を掴みとり、校舎で日々指導を行っています!

大学について、学部について、わからないことは積極的に聞いてみましょう!大学受験は情報戦です

「知らない」ことは恥ずかしいことでもなんでもありませんが、「知ろうとする努力をしない」のは恥ずかしいことかもしれません。わからないことがあるのは当たり前。だって、人生初の大学受験だから。

私たちスタッフも全力で応援します!なんでも聞いてくださいね♫

(文学部のことについては書き足りないので、この続きは校舎でお話します!(笑)気軽に声をかけてくださいね♪)

 

以上、担任助手の青木玲音でした!

2020年 5月 26日 *暗記を極めよう*

こんにちは!担任助手3年の遠藤です♪

 

みなさんは普段どのように暗記を進めていますか…? 何回も書く人もいれば、読む人、または目で追うだけの人もいるでしょう。

そこで本日は【3つの暗記のコツ】についてお伝えしたいと思います!☆

 

Point① 五感をフル活用する

暗記は書きながら音読し、目で見て覚えることで何倍も効率が良くなります。いくつもの動作を並行して行うことで、視覚的に聴覚的に感覚的に覚えられるようになります!特に音読は、ものごとを覚えるための一番の近道となっています!

 

Point② 全範囲を何度も繰り返す

たとえば学校で「英単語を1つにつき10回書く」という課題が出たとき、一度で10回書ききるよりも、1単語1回ずつを10周やるほうが暗記は長続きします。時間をかけて何周も何周も繰り返すことによって、だんだんと英単語などは長い間覚えていられるようになります。

 

Point③ 寝る前に行う

人は寝ている間に暗記したことを定着させます。つまり、寝る直前に学習されたことは、一番濃い記憶となり、記憶として定着しやすくなるのです。今日一日で学んだことを、大まかに思い出してから眠りにつくのもいいかもしれませんね!!

 

本日は3つのポイントをお伝えしましたが、暗記の方法は人によって向き不向きがあると思います。皆さんも早い段階で暗記の方法を確立しましょう♪

2020年 5月 25日 キャンパスライフ~早稲田大学社会科学部~

こんにちは!

担任助手2年の池田です!

本日は私が通っている早稲田大学社会科学部について紹介します!

~キャンパス紹介~

早稲田キャンパス

社会科学部は4年間ずっと早稲田キャンパスで学びます!

キャンパスの周りには油そばを中心にいろいろな飲食店があるのでワセ飯巡りをするのも楽しいですよ!

~カリキュラムについて~

早稲田の社会科学部では学際を重んじたカリキュラムが組まれています。この学際の理念については実際に通ってみるとカリキュラムに色濃く出ていることが分かります。例えば私は1年次には法学、経営学、言語学等全く異なる分野の授業を履修することができました。大学に入ってから様々な分野を学び自分のやりたい分野を探せるというのが社学カリキュラムの良いところの一つだと思います。

 

今回は早稲田大学社会科学部について紹介しましたが、カリキュラムや雰囲気は大学によってそれぞれです。

 

 

みなさんもぜひ大学研究を進めてみてくださいね!

2020年 5月 24日 部活と勉強の両立をしよう☆

こんにちは!荻窪校担任助手3年の遠藤美音です。

本日は【部活と勉強の両立方法】についてご紹介します!

 

私は高校時代弓道部に所属しており、活動も週7回でとても忙しい日々を送っていました、、、。

さらに、学校は家から2時間の距離だったため、東進に着く頃には午後8時を過ぎていました。

 

そんなわたしが第一志望校に合格できた秘訣は『隙間時間の活用』です!!

「高速基礎マスター基礎力養成講座」を登下校中に行い、基礎固めを徹底的に行いました。

英単語や英文法、古文単語などは全て登下校中に身につけた、と言っても過言ではありません!

さらに、東進は自分で授業を受ける日時を決めることができるため、部活の予定に合わせて授業を受けていました。

また、どうしても東進に来られない日は自宅受講などを活用し、少しづつ授業を進めることができました。

 

東進ハイスクールはこのように、部活生が隙間時間で勉強することができるコンテンツをたくさん持っているので、部活と勉強の両立の心配はご無用でした♪

 

「部活が忙しくて…」「決まった休みが取れなくて…」という人は、ぜひ東進ハイスクール荻窪校にお電話ください☎

皆さんの持っているお悩みを解決いたします!

2020年 5月 23日 キャンパスライフ~慶應義塾大学文学部~

こんにちは!

担任助手3年の遠藤美音です。

本日は私が通っている慶應義塾大学文学部について紹介します!

 

~キャンパス紹介~

①日吉キャンパス

日吉キャンパスは1年次に通います。渋谷やみなとみらいにも近いため、立地は最高!

 

 

 

 

 

 

 

②三田キャンパス

2~4年次に通います。これぞ慶應、というキャンパス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~カリキュラムについて~

慶應の文学部は2年次から自分の進みたい専攻に進むことができます!

そのため、1年では幅広い学問の中で自分が取りたい授業を自由にとることができます。

文学部が設置している専攻は17にも及び、国文学、社会学、哲学、教育学、心理学など、様々です!

 

私は心理学を専攻していますが、その中でも領域は生物心理学、感性心理学、発達心理学、脳神経科学など、多岐にわたります。

本当に自分が学びたい分野を研究することができるのでとても楽しいです♪

 

もちろん、他学部他専攻の授業も受けることもできます◎

 

~サークル活動~

私はスキューバダイビングサークルに所属しています!

休日は伊豆に行ったり、合宿では海外に行っており、とても充実しています☆

 

今までできなかった新しいことを始めたり、共通の趣味を持った友達に出会えるのも

大学の『サークル活動』の魅力だと思います!!

 

今回は慶應文学部について紹介しましたが、

カリキュラムや雰囲気は大学によってそれぞれです。

みなさんもぜひ大学研究を進めてみてくださいね♪

123